0

村松 和麻 ソリューション開発部 クラウドエンジニア

LinuxやOSSを使用するシステムのサーバーサイドエンジニアとして、運用・開発基盤の機能向上により生産性・品質を高めるインフラ改善を得意とする。2017年にアーティサンに入社し、AWSやOSSの知見に加えMicrosoft製品テクノロジーを活用。SharePointのアプリケーション開発やAzureを使用したシステム開発を行っている。日本PostgreSQLユーザ会 沖縄支部長でもある。

村松 和麻 – 機能向上マイスター –

村松さんのご経歴について教えてください。

前職では、Linux 上で動作するグループウェアの運用保守やインフラ基盤整備といった、主にパブリッククラウドを利用したインフラ設計・構築などのサーバサイド分野に携わってきました。 Linux だけでなく、 Microsoft 製品に関するスキルの幅を広げたいという理由から2017年にアーティサンへ入社し、現在は SharePoint 上で利用されるアプリケーションの開発や受託開発案件など行っています。

村松 和麻 – 機能向上マイスター –
村松 和麻 – 機能向上マイスター –

AWSやOSS系の技術に多く携わってきた村松さんから見て、SharePointはどのような製品に映ってますか?

SharePoint は、Microsoft Teams や OneDrive など多くの Microsoft 社が提供しているサービスの基盤となっています。SharePoint 自体は製品ですので、ユーザーが直接開発に関わることはできませんが、最近では SharePoint 上での開発や運用の手助けをするためのツールが OSS として提供されています。 また、Microsoft Flow などを利用することで他サービスとの連携もしやすくなっており、利用者・開発者ともに使いやすい製品になってきているのではないかと思います。

SharePointではどのようなことを行っていますか?ほかにも取り組んでいることや注目している技術があれば教えてください。

SharePoint Online 上で動作するアプリケーションやカスタムWebパーツの開発を行っていました。また、SharePoint と Azure Active Directory を組み合わせたスクリプトを PowerShell で作ったりしています。今後はモダン UI の機能がどんどん更新されていくと思いますので、それを活用するカスタマイズやSharePoint Framework開発といったところを注目しています。

村松 和麻 – 機能向上マイスター –
村松 和麻 – 機能向上マイスター –

今後どのような技術者でありたいか、目標を教えてください!

今までは主に運用やサーバーサイドをメインとしていましたが、アーティサンへ入社してからアプリケーション開発も行うようになり、自分自身のスキルの幅が広がったと感じています。私は色々なサービスを組み合わせて利用することが好きなので、今後発表される新サービスなどを上手く利用してお客様の利便性が向上するようなアプリケーションの開発を行っていきたいです。

村松 和麻 – 機能向上マイスター –