コンサルティングサービス

SharePoint Onlineでは「モダンサイト」と呼ばれる現在のクラウド利用に最適化されたサイトデザインを利用することが主流です。
「モダンサイト」を利用することで、SharePointを利用するメリットが最大化され、ポータルサイトでのコミュニケーションがよりスムーズになります。
Office 365・SharePoint リアルソリューションでは、従来のSharePoint から「モダン化」したい方に向けて、事前調査からサイト作成・活用支援までトータルなコンサルティング・技術支援を提供いたします。

AboutSharePoint
モダンサイトとは

SharePoint の「モダンサイト」は従来の「クラシックサイト」とは異なり、サイト作成において複雑なカスタマイズを前提とすることなく、モバイルデバイスでの動作を標準とした、近代的なサイトです。
「クラシックサイト」はリリースから20年弱経過しており、長年の複雑なカスタマイズによりメンテナンス性が著しく低下しているだけでなく、リプレース毎に高額な移行費用が発生しているのが現状です。また、移行毎に、古い時代のカスタマイズ機能を踏襲した計画が実施され、利用者が最新のユーザビリティを享受できていないことも少なくありません。
移行計画についても、単に新しい機能を採用するのではなく、古くからのSharePointアンチパターンを踏襲しないことで、スムーズな移行を実現することができます。

Meritモダンサイトのメリット

SharePoint の「モダンサイト」を利用することによって多数のメリットを得られます。
・より視覚的なサイトを簡単な操作で作れる
・レスポンシブデザインに標準対応している
・「Microsoft Teams」や「Power Platform」と標準連携している
・リスト/ ライブラリの操作性・メンテナンス性が向上している
・5000件を超えるアイテム表示時の機能改善
・新しいWeb パーツや機能が随時アップデートされている

Points従来のSharePointから
モダンへ変わる際に
留意すべきポイント

「モダンサイト」をただ新しいからといって、従来との違いやIT環境を考慮せずに利用してしまうと、「以前より使いづらくなった」、「新しくなってどこに何があるかわからない」など、ネガティブな印象を与えてしまうことがあります。従来の「古い」サイトと「モダン化」の環境や手法の差を理解して計画することが重要です。
・「サイトコレクション」や「サブサイト」単位での管理から、「ハブサイト」でサイト間の情報を統合
・情報発信を単調な「お知らせリスト」からグラフィカルな「ニュースページ」に変更
・カスタム開発手法をスクラッチによるJavaScript・CSSインジェクションから、リリースが速く保守性が高いSharePoint Frameworkに変更
・「モダン化」によるモバイルデバイスの利用促進
・「モダンブラウザ」の利用によるSharePointおよび各種ブラウジングのパフォーマンス向上

Consulting「モダン化」コンサルティングサービス

SharePoint モダン化 コンサルティングサービスでは、単に「古い」クラシックサイトを機能的・デザイン的に「モダン化」するのではありません。IT環境や企業の情報管理・情報発信を近年のユーザーが必要とする体系に最適化することで、情報戦略も「モダン化」します。その手段として、ポータルサイトのための情報整理の手法やサイト設計・作成のノウハウ、SharePointのベストプラクティス・アンチパターンを提供いたします。これらの知見はアーティサンのSharePoint技術者が10数年にわたり蓄積してきた「生きた知見」です。ユーザーは本サービスを利用することで、サイトを「モダン化」するだけでなく、内製化に必要な豊富な知見を蓄積できるため、SharePointの運用管理体制も「モダン化」することができます。

1.現状調査・要件整理のコンサルティング
2.サイト設計・作成の技術サポート
3.ユーザー展開のコンサルティング
4.サイト作成・管理のためのトレーニング支援

モダンUIサンプルサイト画面

アーティサンのOffice 365・SharePointコンサルティングサービスはマイクロソフト出身者、Microsoft技術者の称号である Most Valuable Professional などからなるプロフェッショナル集団が提供します。Office 365・SharePointに精通した経験豊富なコンサルタントが、お客様の状況に合った各種利活用・開発支援を行います。